Blog

ヨガの6つのアーサナ

アーサナ(ヨガのポーズ)は、呼吸とともに体を動かしていきます。呼吸と合わせて動くことで内臓を刺激して効率よくその働きを高めることが重要です。アーサナを行う方法は、


筋肉と関節を縮めて緩める

筋肉と関節を伸ばして縮める


この動きを基本として血流を促していくことで、循環を良くし柔らかい筋肉をつくります。すべての内臓を活性化し、新しいエネルギーを取り込みます。


特に体幹を支える2つの重要な部分、背骨(脊椎)と腹部を強くしていきます。脊椎と腹部を意識したアーサナの動きは、体幹の筋肉を制御するさまざまな神経中枢に刺激を与え、神経の働きを高めます。


またアーサナの効果を得るためは、バランスのとれた食事、ライフスタイルを維持していくことも同様に重要と考えられています。6つのアーサナは、正しく、また安定して行うために、専門的な学びを得た者やヨギーの教えに従ってください。


  1. 立った状態のポーズ、垂直のストレッチ

  2. 体側を曲げる、脇のストレッチ

  3. 前屈、背面のストレッチ

  4. 後屈、前面のストレッチ

  5. ねじりのポーズ

  6. 逆転のポーズ



1)立った状態のポーズ、垂直のストレッチ


全身を伸ばします。肺の拡張を助けて、呼吸筋を発達させます


例:タダアーサナ(ツリーポーズ)、パルバタアーサナ(山のポーズ)









2)体側を曲げる、脇のストレッチ


背骨の横方向への伸び、体側と腰の筋肉の運動に役立ちます。胃の周りなどの内臓をマッサージし、脂肪を取り除きます。


例:トリコナアーサナ(三角のポーズ)、トリアンティックトリコナアーサナ(三角のねじりのポーズ)







3)前屈、背面のストレッチ


背骨の後ろ側を伸ばします。腰を動かして柔軟性を高めることで内臓をマッサージし、顔や頭への血液の循環を改善し、毒素、老廃物を流していきます。


例:ヨガムードラ(座った前屈)、ジャヌシールシャアーサナ(額を膝につける前屈)







4)後屈、前面のストレッチ


体の前面を伸ばし、背骨の後ろ側を縮めます。循環を促進し、背骨の周りの筋肉を鍛え、肩と首をほぐし、鍛えていきます。腹筋、肝臓、腸を活性化し、大腸の活動を改善します。


例:ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)、ウシュトラアーサナ(ラクダのポーズ)









5)ねじりのポーズ


背骨をねじることで、肥満、お腹の病気、縮こまってしまった胸、背中の問題を取り除きます。腹部の血流、循環を改善し、肝臓、脾臓、膵臓、その他の内臓などを整えます。


例:アルドマチェンドラアーサナ(座ったねじり)、メールダンダアーサナ(寝たねじり)







6)逆転のポーズ


肺、喉、胸、頭への血流を高めて、循環を改善するのに役立ちます。腹部と骨盤部のうっ血を取り除くのに役立ちます。女性の便秘、頭痛、子宮脱出症の克服にも効果があります。


例:サルヴァンガアーサナ(肩立ちのポーズ)、シルシャアーサナ(頭頂での逆立ち)







---------英語原文---------

6 modes of asanas 

ASANAS is of great importance as it affects the various internal organs, stimulates them and increases their efficiency, securing perfect health. The method of doing asanas are based on contraction and relaxation or stretch and relaxation of  muscles and joints so as to stimulate circulation, develop elasticity of the body and revitalise and rejuvenate all our internal organs. The main portion of the body trunk where two important part spine and abdomen are much emphasized. Besides, the methods affect various nerve centres in control of muscles of the trunk to increase the health and efficiency of the nervous system.

On other hand, balance of asanas are equally important as balance in food, lifestyle and its maintenance is important. Basically, 6 modes of asanas are much followed by practitioners or yogis for full maintenance and equilibrium of the body.

1)Standing or vertical stretch 

2)Side bends or lateral stretch 

3)Forward or posterior stretch 

4)Backward or anterior stretch 

5)Twist

6)Upside down or Inversion 

Standing postures 

 These postures stretches the entire body, helps expansion of lungs and develops respiratory muscles etc

e.g. Tadasana,parvatasana

Side bends or lateral stretch

These postures helps lateral stretching of spine, exercises muscles of sides and waist. Massages side organs around stomach and removes fat and obesity etc. 

e.g. konasana, triatic trikonasana

Forward bend or posterior stretch 

These postures helps posterior stretching of the spine, increases flexibility of waist, exercises hips, gives massage to internal organs, improves circulation of blood in face, head region, improves release of toxic waste etc. 

e.g. yoga mudra, janusirasana

Backward bend or anterior stretch 

These postures helps anterior stretch of spine, promotes  circulation and exercises the muscles supporting spinal column, strengthen shoulders and neck. Activates abdominal muscles,liver, intestines and improve colon activity etc. 

e.g.bhujangasana, ustrasana

Twist

These postures helps gentle twist of spine, removes obesity, abdominal disorders, contracted chest and weak back. Improves circulation around abdomen, tones up liver, spleen, pancreas and other internal organs etc.

e.g. Ardha-matsyendrasana, merudandasana

Upside down or Inversion 

These postures helps improve supply and circulation of blood in lungs, throat, chest and head regions. Helps remove congestion in abdominal and pelvic regions. Benefits for overcoming constipation, headache and prolapse of uterus in women etc. 

e.g. sarvanga asana, sirsasana


#アーサナ #パルバタアーサナ #トリコナアーサナ #ブジャンガアーサナ #サルヴァンガアーサナ

189回の閲覧