Blog

ヨガ的な食生活とは


「 I am what I ate 」- 食事は自分そのものであるという言葉は、日常的にヨガをやっていない人でもなんとなく理解できるのではないでしょうか。ヨガ的な食生活とは何か、ご紹介します。


この地球にいるすべての生き物は何かを食ベて生きているわけですが、動物の多くは、生息地に応じて特定の種類の食物を食べています。私たち人間、特に都会の現代人はたいてい本当に必要なものを食べずに、さまざまな種類の食品を食べています。人間は知識は豊富ですが、本当に体にあった食べ物を上手に食べることができないため、生き物の中で一番病気になります。しっかり体を機能させて生きていくためには食べ物が必要であり、その機能とは、成長し、修復し、エネルギーを蓄え、病気から身を守ることです。


私たちにとって、健康に、そして体調を安定させるために適切な食べものと食習慣を理解し、実践することは非常に重要です。バランスの取れた食生活をするには多くの選択肢からより良い選択をしなければなりません。さまざまな食品にさまざまな量の重要な栄養素が含まれていますが、必須栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂肪、ミネラル、ビタミンで、それらのバランスが取れた食事を心がけましょう。詳しく紹介していきます。



まず炭水化物と脂肪。主に私たちの体にエネルギーを作り出し、生きるための基礎になります。米、小麦は主食となっている人も多いでしょう。ジャガイモ、バナナなども炭水化物が豊富です。脂肪は牛乳やバター、ギー(バターオイルの一種、乳脂肪分)に含まれます。


タンパク質は、身体が成長していく時に、また損傷した部分を修復するのに役立ちます。豆類、牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵、魚、肉、豆などはタンパク質が豊富です。


ビタミンとミネラルは、骨や歯、目などを健康に保ち、血液細胞を維持するのに役立ちます。新鮮な野菜と果物、チーズ、牛乳などがその例です。


必要な栄養素すべてを含む単一の食品はありません。そこで、私たちの体に必要なすべての物質、栄養素を得るためには、食品の組み合わせを食べることが不可欠です。ヨガの哲学では、ヨガと精神的な向上を目指すために新鮮で栄養があるけれども刺激性のない食事がヨギーの食事であるとされています。ヨガでは食べ物は体力的な面だけでなく、心、精神および精神の状態にも影響を与えると説明しているので、ヨガ的な食生活では、非菜食(ノンベジタリアン)と中毒性のある食品はとりません。 そしてヨガでは食べ物と心への影響を説明する時に、サトヴィック、ラジャシック、タマシックの3つの特性に分類します。


シンプルでナチュラルなもの、新鮮なもの、消化のよいものをサットヴィックと呼び、サトヴィックな食べ物はとても優れた質を持ちます。長寿と知性と健康、幸福と喜びを生む食べ物は、甘い味で口当たりがよく、体を滋養し、食べていて心を穏やかにします。それらの食品がサトヴィックに分類されます。


ラジャシックな食べ物は中間の質で世俗の人が好みます。苦いもの、酸っぱいもの、しょっぱいもの、過度に熱いものまたは過度に冷たいもの、乾燥しているもの、焦げているもの、痛みや悲しみの感情を引き起こす食品はラジャスに分類されます。


タマシックな食べ物はヨガ的には栄養がなく、劣った質の食べ物です。生焼け、生煮えのもの、味気ないもの、古いもの、汚染されたもの、また不純な食品はタマシックと分類されます。


何を食べたかでマインドの状態が変わり、マインドの状態はヨガ的な心身の向上に影響します。ヨガの実践者はメインの食事をするときには胃の半分を食べ物で満たし、4分の1を水で満たし、4分の1を空にすることをお勧めします。食事というものは、空腹を満たすものですが、同時に心身に有益なものであるべきです。すべてのヨガの実践者が健康的な食生活をおくるための簡単なルールは次のとおりです。


  • 食べ物はシンプルで有益(栄養価が高いもの)である必要があります。

  • お腹が空いたら食事をとり、季節のものを食べるようにします。

  • 心が落ち着いている状態で決まった時間に食べるようにします。

  • 怒っている時、心配がある時、落ち着かない時、何かを恐れている時は避けるようにします。

  • 食べ過ぎを避け、調理し過ぎて焦げた食べ物を避けてください。

  • 食事の前に横隔膜を使った呼吸、例えば深呼吸を数回を行うと良いです。

  • 急いで食べないでください。また食事の後に軽い散歩をすると良いです。

  • 断食も取り入れてください。胃や腸にも休息日が必要です。




英語原文

All living being on this earth need food. Most of them eat particular types of foods depending on their habitat. Humans, the most intelligent creatures usually does not eat what needed, they eat innumerable types of cooked and uncooked foods. Although knowledgeable, humans doesn’t eat their food well, that’s why they are sickest of all species today. We need food to live and function well. The main function is for growth, repair, energy and protection from diseases.So, it has become very important for us to understand, know and follow proper food habits for good health and tranquility. Balanced food/diet is a good alternative to maintain ourselves. Different foods contain various amount of vital (nutrients) elements needed for better function in our body.


So, the diet which contains all essential nutrients in right quantity will be balanced diet as carbohydrates, protein, fats, mineral and vitamin etc.


Carbohydrates and fats mainly provides energy to our body. Wheat, rice, potatoes, banana etc are rich in carbohydrates. Ghee, milk, butter etc in fats.


Proteins help body to grow and repair damaged parts. Milk, cheese, yogurt, eggs, fish, meat, beans etc are rich in proteins.


Vitamins and minerals helps to keep our eyes, bones, gums etc healthy and also maintains our blood cells. Fresh fruits, vegetables, cheese, milk etc are some examples.


There is no single food which can provide all necessary nutrients therefore it is essential to eat a combination of foods to get all necessary substance required by our body.

As in Yoga philosophy, a diet which is pure, nourishing but non-stimulant, wholly conductive to practice Yoga and spiritual progress is yogic diet. Yogic diet would exclude all those foods relating non- vegetarian and intoxicating as yoga explains food is not only for physical fitness alone, it also affects mental and spiritual state of a being. Yogic diet is simple, natural, fresh, digestive or sattvic. Food is categorised in to three qualities according to it’s effects on the mind, sattvic , rajasic and tamasic. Sattvic food is best and superior type, rajasic is medium type and is more likely for worldly people and tamasic is inferior type having no quality.


Foods which promote longevity, intelligence, health, happiness and delight and which are sweet, bland, nourishing and agreeable can be categorised satvic.Foods which are bitter, sour, saline, excessively hot or cold, dry, burning and giving rise to pain, grief can be categorised rajasic Foods which are half-cooked, insipid, stale and a polluted and also impure can be categorised as tamasic.


As said” As the food so the mind, as the mind so the man. Practitioners are advised to have the main meal fill half stomach with food, one quarter with water and one quarter empty. It means, any meal should be enough to satisfy your hunger and be benefited.


Some easy rules to access healthy eating habits for all yoga practitioners is


*food should be simple and useful

*eat when you get hungry or eat less and eat according to season.

*eat at fixed time in a pleasant mood avoiding anger, worries, restless and fear.

*avoid excessive eating, avoid overcooked and burned food.

*performing diaphragmatic breathing before meal is beneficial.

*never eat in hurry, light walk after meal is good.

*practice fasting as well .


#yogi #diet #food #satvic #rajasic