Blog

実践!プラナヤマ(呼吸法)ワークショップ【10月11日(日)】



呼吸は生命のエネルギー、プラーナ


プラナヤマの目的は、体内にプラーナ・シャクティ(生命エネルギー)を取り入れ、活性させ、そのエネルギーを自らコントロールして整え、バランスをとることです。生命がある限り、そこにはプラーナ、生命エネルギーがあります。


プラーナをコントロールできる人は、体、心、感覚をコントロールすることができます。


吸う、吐く、保つを繰り返し行うだけですが、いくつかの方法と効果に応じて、3つのパートに分かれます。

  1. バストリカのような熱、温めていく効果のプラナヤマ

  2. シータリのような冷、冷ます効果のプラナヤマ

  3. アヌローマヴィローマのような、吸う吐くの基本のプラナヤマ


これらのプラナヤマを集中して学ぶワークショップのパート2を開催します。


今回は実際のヨガの呼吸法、プラナヤマをひとつずつ解説しながら、デモンストレーションとともに実践の時間になります。パート1を受けてない方、ヨガが初めての方でも今回のワークショップを受けていただくことが可能です。

今回もネパール人講師ナレッシュ・セレスタ先生による英語と日本語のセッションになります。



コンテンツ「実践!プラナヤマ」

  • カパラバティ(お腹の強い呼吸)

  • バストリカ(胸の早い呼吸)

  • シータリ(身体を冷やし、マインドを落ち着かせる呼吸その1)

  • シータカリ(身体を冷やし、マインドを落ち着かせる呼吸その2)

  • ブラマリ(緊張を和らげる呼吸)

  • アヌローマヴィローマ(方鼻呼吸)



日時:10月11日(日) 13:30 ~15:00

場所:アーナンダヨガスタジオ1Fワークショップスペース MAP

受講料: 4,000円

定員:12名

お申し込みhttps://www.ananda-yogastudio.com/contact

講師:ナレッシュ・セレスタ




Naresh Shrestha

母国ネパールのアシュラムで17歳よりハタヨガの研鑽を積み、同時に、アーユルヴェーダトリートメント、ヨーガセラピー、自然療法を学ぶ。2002年、ハタヨガ、ヨギックセラピー、アーユルヴェーダ施術の学位を取得。


ネパール、カトマンドゥのアローギャ・アシュラムや政府機関などで6年間ヨガを指導し、2008年に来日。ニーマルヨガスタジオで10年間ヨガ講師を務める。






2020年より多摩川アーナンダヨガスタジオでヨガを教える。ヨギックマッサージやアーユルヴェーダトリートメントで心身の健康をサポートしている。







関連ブログ:カパラバティ呼吸法の効果と練習方法

関連ブログ:片鼻呼吸の練習 - アヌローマヴィローマ呼吸法


#Pranayama #ヨガ #呼吸法