Blog

ネパールのお祭り - ガイジャトラ(牛祭り)

Gai Jatra

ネパールは、世界遺産はもちろん、たくさんの伝統的なお祭りが有名です。さまざまなお祭りの時に繰り出される山車があり、とても文化の豊かな国です。


お祭りの山車は興味深く、国中のさまざまな民族でそれぞれ特別な意味を持っています。特に街を練り歩く山車は首都カトマンズとその周辺に色濃く残る文化で、部族の儀式の中心となります。


中でもネワール族は山車により深く関わっています。数あるお祭りの山車の中でも、特にGai Jatra、ガイジャトラ(牛の山車)についてご紹介しましょう。



家族を偲ぶ

ガイジャトラの山車には、前年に愛する人を失った家族が参加します。亡くなった家族への愛情、親密さ、特別に偲ぶ想いがこの山車に込められるのです。このお祭りでは、通りに牛の変装や牛の飾り、絵、牛のお面などであふれます。そして広場や街角では、面白い会話やジョーク、喜劇などが披露されます。


亡くなった人の魂を偲びながら、お祭りの行列の中での笑いと楽しさを共有するのです。


王妃の悲しみを慰める笑いのお祭り

このお祭りの行列と山車が生まれた背景には物語があります。プラタープ・マッラという王様が1641年から1664年ころのカトマンドゥ盆地を支配していました。マッラ王の王妃は幼い息子の死によって打ちひしがれていました。王様は、息子の死は誰にも防ぐことができなかった不慮の事故だったことを王妃にときましたが、王妃は悲しみを克服することができませんでした。


王妃をかわいそうに思った王は、百年の時を経てもなお続くガイジャトラ祭りを考えたのです。そして王様は、愛する人を失ったすべての市民に集まり、お祭りの行列に加わるよう命じました。牛に変装した顔、おかしな顔のお面などをまとったカトマンドゥ盆地の市民が行列をなして宮殿の前に集まりました。行列を見た王妃は、自分の息子の死を悼むだけでなく、愛する人の死で苦しんでいる人たちがたくさんいることに気付きました。


亡き魂を偲ぶために、王様は人々にジョークや面白おかしい格好で街を練り歩くことを勧めて、王妃を笑わせ、王妃も幸せな気持ちになりました。



何百年も経った今でも、お祭りとしてのこの牛のデコレーションや山車は、愛する人への想いとして、ネパールだけでなくネパール人が住む世界各国のコミュニティで祝われています。


ガイジャトラは、社会の犯罪や腐敗、悪い行いを描いた演劇、風刺や面白おかしくしたジョークや会話を表現しています。


ガイジャトラの季節は、モンスーンが終わり、ダサインやティハールといった次のお祭りが近づいていることを感じさせます。



英語原文

Gai Jatra


Nepal is a rich country for its culture,festivals, chariots and heritage.


Among these,chariots of Nepal are interesting and have special importance in different societies throughout the country.


Mostly chariots are based in the country's capital valley kathmandu and it's surroundings. Chariots are mostly tribal rituals and newar tribal are more in to it. Among many chariots, let's us know something about Gaijatra(cow chariot).


Mainly families who have lost their loved one's last year participate in this chariots, as it is a special place of remembrance, affection and closeness of the deceased. The streets are ablaze with cows, cow-disguises ,funny painting and masks on faces etc. Usually, funny conversation,jokes and comedy act is performed.


Considering the mean of fun and laughter in the procession in the memory of deceased soul.There is a story behind starting of this chariot.


A king named Pratap Malla rules the kathmandu valley around 1641-1664 BS. His queen was devastated by the death of her infant son. Although the king tried to explain the fact that it was a moment that no one could control, the queen could not overcome from the sorrow.


Later, king came up with the plan of Gaijatra which still continues after hundred of years.The king ordered all his citizens, who have lost their loved ones to organise a procession.The procession was displayed in front of the palace with cows, disguised faces and funny activities. After seeing this,the queen realised that she is not only one to mourn the death of her son but there are many people suffering pain from the death of their loved ones.In memory of the departed soul,the king encourage people to include jokes, various acts in the procession and the queen laughed and became happy.


Still after hundreds of year, this chariot as a festival is celebrated through out the country and world where Nepali community lives,as remembrance to their loved ones.


On the other hand, Gaijatra is also a festival exposing the negative aspect of current social, cultural and political activities in the society artistically in the procession.


And also, Gaijatra indicates the monsoon is over and the festivals are approaching.


Bright days , chilly wind and finished planting of the field gives opportunity to people to laugh freely and enjoy their leisure time.


Naresh Shrestha

26回の閲覧