Blog

人はなぜ病気になるのか

多くの人が健康のために、いろいろなことをしていると思います。ランニング、水泳、ヨガやダイエット。癌のような病気だけでなく、頭痛や食欲不振、体調不良も含めて、そもそもなぜ人は病気になるのでしょうか。


元気がないことも病のひとつ

私たちの体は、さまざまな部品が集まってできている「装置」のようなもの。装置がうまく機能するために、体を作るすべての部品が適切に働かなければなりません。


「装置」が順調に動くときには、私たちは健康で、活動的で、活気に満ちていて、どんな仕事も楽にこなせると感じます。逆に、私たちが健康だと感じないときは、「装置」がうまく動いていない、どこかの部品が間違った動きをしているか、あるいは外的要因、つまり病が私たちの健康を攻撃していることが考えられます。


忙しい日常生活の中で、疲れ、無気力、元気がないと感じることがありますよね。そのきちんと習慣やライフスタイルを見直していますか?


大抵は、仕事の仕方(時間や集中)、食べ物、生活習慣のいずれかに問題があるのですが、その変化を感じ、その問題を繰り返さないよう心がけるべきではないでしょうか。



体調不良の原因

例えば大気の汚染、食べ過ぎ、食べなさ過ぎ、暑すぎる、寒すぎる、運動不足などが考えられます。また、内臓が損傷していたり、内臓の欠陥が原因であることもあります。遺伝によるものもあるでしょう。


あるいは人は極度の悲しみ、不眠、不安などのために老化が早まったりします。これらは心の障害ですが、心は身体と非常に大きな関係があり、一方が悪化すると他方も悪化します。特に不安は病の最大の要因です。


体が強く、定期的に働いていれば、病気になりにくいのですが、弱くそして怠けている人は病気になりやすいでしょう。人生のどの年代においても病気になることはありますが、幼少期と老年期に多く発生します。幼年期、老年期に比べていわゆる青年期、大人になった時は、体力も十分で病気になりにくいです。小児期には寒さ、暑さ、胃腸に関連したさまざな病気にかかります。老年期になると、だんだんと臓器が弱くなり、病気に対抗する力が弱くなります。



人間が影響を受けるさまざまなこと

人間の体の状態は人それぞれ、すべて同じではありません。親からの遺伝子によって、ある人はピッタ体質、ある人はカパ体質、ある人はヴァータ体質になります。


また季節の変化によっても人間は影響を受けたり、時差を超えた旅行などの移動、地域性の適応、人間がもつ自然界の五大元素のバランスの崩れなども体調不良の原因と考えられます。


医師による薬の処方や手術を行なっても治癒する人と治癒しない人がいます。最終的にはその人の自然治癒能力が大きく影響するのではないでしょうか。医学は治る手助けをしてくれますが、体調不良や病気を治すためには、西洋医学的な生理学とアーユルヴェーダのような健康科学の両方が必要です。



Nature of health - being unhealthy


Our body is a kind of device. Until the device is working well, all its parts do their duties appropriately. So we feel healthy, active, energized and any work can be done by ease.


But when we don't feel healthy, need to understand that something is going wrong or diseases is attacking our health. We feel powerless, inactive, tired. So when this happens we need to recall our habits or lifestyle.


What we have done wrong with either our work, food, lifestyle that we felt the change in us and don't repeat the mistake. Mostly the reason for diseases can be polluted atmosphere, excessive/less food, too hot/cold weather, less use of own body etc. In addition, diseases arises due to imperfection or any kind of defects in the body.


Some diseases are inherited by parents. People gets old sooner due to extreme grief, insomnia, anxiety etc.


These are disorders of the mind and mind has such a great connection with the body that if one deteriorates, the other also deteriorates. Anxiety is the greatest enemy so should be avoided.


When the body is strong and one works hard regularly it doesn't get disease easily but those who are weak and lazy are mostly sick. There is no disease at all stages of life, the diseases is mostly prevalent in childhood and old age. In adulthood, physical strength remain in perfect condition so diseases cannot attack easily. In childhood, child suffers various diseases related to cold, heat and stomach.In old age, most of the organs become weak and it's capabilities to fight diseases becomes weak.


Not all human bodies are same. Parental transmission of genes makes some people pitta dominant, some kapha dominant and some vata dominant.


Various diseases affects humans in different seasons and the origin is considered to be time differences, area differences, element differences etc. Some doctors has said Every human can improve, maintain and protect their body health so well that even professional doctors cannot.


But only in one condition, that the person should have the knowledge of Physiology and health science.


Naresh Shrestha